克服するための早漏トレーニング方法はいくつかあります

原因が敏感性か心因性かを判断しましょう

男性の悩みで多いのがSEXの際に挿入から数秒で射精してしまう早漏です。 包茎でもトレーニングで鍛えることができるのでしょうか。 都市伝説的な熱いお湯と冷たい水に交互に浸すという方法をどこかで聞いたことがある方もいるかもしれません。 信憑性は非常に残念ながら低いものですので、このような内容のコンプレックスは相手を満足させることができていないのではないかとここでは考えてしまいます。 馬鹿にされてしまうのではないかという不安やストレスを導くこともあります。 早期的に解消しなければ勃起不全、所謂EDになってしまうことも可能性としてあります。 これが原因で恋愛が上手く発展しなかったりしますし、まず異性だけではなく自分に対してもです。 あまり自信が持てなくなってしまう事も稀にあります。 また夫婦やカップルなどの別れの原因にもなることもあります。 セックスの時の早漏トレーニングやエクササイズが克服できるのであれば、誰もがそうしたいと普通は考えて良いでしょう。 その方法を探っている方も非常に多い事が予想できます。 まずは、自分の原因が敏感であるか心因であるかを自身の目で判断し、何度かチェックし上手に見極めましょう。

仮性包茎の方は敏感の早漏であることが高い

亀頭を普段から露出するようにしましょう

仮性包茎の方はSEXの際に勃起した時にだけ、包皮が向け亀頭が露出します。 普段は包まれていて擦れる事もないため、膣で圧力が掛かると我慢できずに、すぐに射精を自分の意志とは裏腹にしてしまう場合が非常に多いのです。 この敏感の場合のトレーニング方法でまずすぐにできる簡単な事は気が付いた時に、可能であれば男性はペニスの皮を適度に剥くようにすることです。 仮性包茎の手術をしてしまう事が最も、ここでは手っ取り早い事です。 自分でできる早漏トレーニングとしては、これがまずはじめ一歩と言えるのではないでしょうか。 また自慰行為をする場合にも亀頭に被ってしまっている包皮を剥いた状態です。 潤滑ローションなどを使用して対応するようにしましょう。 そして皮を上下してしまうやり方は早漏トレーニングにもなりません。 これによって伸ばしてしまい包茎を悪化させてしまう原因とこれはなってしまいます。 真性やカントンの方は衛生面でもすぐに病院で見てもらいましょう。 この場合は恋人やセフレのパートナーに感染症などで迷惑を掛けてしまうもしくは移してしまう可能性もあります。

早漏 仮性包茎

原因が心因性である場合の早漏トレーニング

不安や緊張感で悪い方向に進んでしまう事もあります

まず心因性とは精神的な問題で射精が想像以上に早くなってしまうことです。 トレーニングで克服するにはどちらかによってその方法が当然変わってきます。 多くの場合初体験の時はこうなってしまう方も多いようです。 男性なら多くの方がご存知であるミコスリハンという言葉があるように挿入して1分も持たずに射精してしまうことは少なくないのです。 それが極度の緊張感であったりsexに対する妄想や思ってた以上の気持ち良さなど様々な理由があります。 それでも、このように早漏が内面の場合である時心因性といいます。 この場合、仮性包茎で最も効果的な早漏トレーニングはやはり経験と言われています。 シチュエーション次第では今のパートナーに協力してもらうしかありません。 それができない方は、自分で精神面を鍛えていくしかないのですが、あまり意識してしまうと不感症になってしまったり逆に遅漏になってしまうこともあります。 射精してしまっても回数を行える体力があれば大丈夫とリラックスし、肩の力を抜き深呼吸すると案外、早漏トレーニングなどをしなくても挿入時間を継続できます。

早漏

このページの先頭へ