プリリジーは早漏治療用の医薬品です

エバーラストはプリリジーのジェネリック版です

近年では早漏は仮性包茎などの理由で亀頭が敏感であること以外にもストレスや精神的不安などの内面的な部分も原因の一つであると言われています。 医療先進国である欧米などでは既にプリリジーやしのジェネリック版のエバーラストのような商品が既に販売されています。 性行為の数時間前に服用する事で、クリームやスプレーなどで塗布することなく、これを内面から早漏防止をすることができます。 挿入時間を少しでも引き延ばすことができるサプリメントとしてもなおです。 これは日本でも今もなお、ネットでもかなり話題になっています。 やはり、ネットでも話題のプリリジーは世界初の錠剤型の人気の商品です。 これは実際には男性だけでなくパートナーの悩みや、または大きなストレスや重いコンプレックスを一緒に抱える女性にも案外、ここでも購入者は多いようです。 そして世間一般の結果的には日本でも代理店などの、買物はオンラインのインターネット通販で購入する事が比較的簡単で可能です。

プリリジーの約10分の1の値段で購入できるエバーラスト

プリリジーと同じ効果が期待できます

日本では値段の安いジェネリック版のエバーラストが海外の医薬品やサプリメントなどを取り扱うインターネットのドラッグストアなどでは人気が高いようです。 ダボキセチンを主成分としていてこれはアメリカでは何度も臨床実験を繰り返し射精までの時間がなんと3、4倍にもなったという報告があります。 副作用としてはめまいや胃がむかむかするなどが報告されています。 このような早漏防止の医薬品を購入する多くの男性が挙げる最も多い理由は相手を喜ばせたいという気持ちです。 恋人やパートナーを性行為の際にもっと喜ばせてあげたい、または早漏で先に射精をしてしまって女性が、本当にオーガスムに達する事ができないことに対して申し訳ないという気持ちが大きいようです。 もちろん対策や予防の商品はいくつもあります。 その中でもプリリジーは服用して内面から効果を促す貴重な話題の商品です。

ダボキセチンを主成分とするプリリジーの早漏防止

女性の方はプリリジーを服用してはいけません

男性の18歳から64歳までの臨床実験のデータしか得られていないことが安全性の確保ができていないという理由です。 女性のデータもありませんので、万が一のことを考えると服用するのは危険ですので辞めましょう。 ダポキセチンを配合しているプリリジーはヨーロッパ各国では既に認可されました。 今後イギリスなどでも認められることが予想されています。 ジェネリック商品としてエバーラストやスーパーピーフォースなどの種類があります。 価格は大幅に安く求めやすいものとなっています。 ダポキセチンによって性行為に対する相手の満足度や挿入時間などに大きな変化が臨床で見られています。 もちろん人によって効果は様々ですが、日本国内でもアンケートや口コミで送料治療薬プリリジーの効果は良いものばかりです。 しかし、服用する事で医薬品ですから何かしらの悪い副作用がある事があります。 量や回数など注意点を守らなければ万が一の事が起きてしまう可能性があることも心に留め忘れないようにしましょう。

早漏防止

このページの先頭へ